スコティッシュ・フォールドは人気種であってはいけない

 

すでに知っている人にとっては、何を今更、というほどの常識なのでしょう。
しかしまだまだ大多数の人には知られていないと思います。

知らない人が多いのでは?と私が思う理由はスコティッシュ・フォールドが2016年現在も猫の人気種のランキング上位に常に位置しているからです。その真実がもっと広く正しく知られているのならば、そんなことはあり得ないはずなのです。

2016年11月23日に開催された以下のセミナーに参加してきました。そしてその内容は広く世の中に伝えたいと思うものでした。

第3回 猫壱セミナー
猫と人のQOR(関係の質)向上セミナー
スコティッシュ・フォールドと暮らした時に気をつける事

 

ポイントは以下の2つでしょう。

1. 耳が折れているのは遺伝による軟骨の変異
2. 軟骨は全身のいろんな場所にある

この2行だけでもう恐ろしい事態が想像できます。
人間の耳にもある、軟骨の枠を「耳介(じかい)軟骨」と言い、猫に特徴的な三角耳も耳介軟骨で形成されます。これが正常に形成できない異常な状態、それがスコティッシュの折れ耳なのだそうです。つまりそれは「遺伝による病気」なのだと私は理解しました。

その症状が耳だけに現れているのならまあ「見た目がかわいい」で済むのかも知れません。いや、通気が悪いのでいろいろ問題はあるようですが注意してケアしてあげれば重大な事にはならないのでしょう。
重大な問題として認識しなければいけないのは、この異常な(あえて「異常な」と言います)耳を持つ猫が、成長するに従って耳だけにとどまらず、全身の軟骨に障害を発生させるリスクが非常に高い事にあります。その率は90%以上との事。

軟骨に異常があるとどうなるのか、医学の知識など持たない素人の私にも容易に想像できます。軟骨って、手や足の関節の可動部分でクッションの様な役目を果たすのですよね。クッションになるはずの軟骨が固くなったり大きくコブのようになったりすると、想像するだけで痛そうです。普通に歩けそうにありません。

「骨軟骨異形成症(こつなんこついけいせいしょう)」「骨瘤(こつりゅう)」などと言うそうです。特徴的な「ざぶとんの様な手」に触られるのを極度に嫌がる子が多い、その理由は単純に痛いからなのですね。痛いまでいかなくても違和感があるために嫌がるケースも多いのだとか。

 

もしかすると根本から認識が間違っているのかもしれません。つまり、
耳が折れている→全身の他の軟骨にも異常が出る可能性がある
のではなく、
全身の軟骨に異常が出る要素をもっている→最初に耳に現れる
のではないですか?だって「耳が折れる遺伝」ではなく「軟骨の形成異常の遺伝」なのですよね。

 

1961年にスコットランドで突然変異で産まれた折れ耳の猫がルーツと言われています。その特徴を残すために近い血縁との交配が繰り返された結果、先天性の疾患を抱えることになったという説もあります。それで言うとスコティッシュ・フォールドに限らず、純血種の繁殖全般において同じ事が言えるのではないでしょうか。

健康上の問題を抱えているはずのスコティッシュが今の日本においてはどんどん繁殖させられている。なぜか?
「売れるから」です。買う人が多いから、簡単な話ですね。

その遺伝的な理由により折れ耳同士の交配は最低限絶対に避けるべきですが、その認識が甘い業者もいるかも知れません。繁殖業者の崩壊現場の写真などを見かけるたびにそのあたりのモラルには疑いを持たざるを得ないのが正直なところです。すべての業者がそうだとは言いませんけれども。

折れ耳×立ち耳の正しい(?というのか甚だ疑問ではありますが)交配から産まれた折れ耳ならば大丈夫なのかというと、結局遺伝子は引き継がれている訳で、多かれ少なかれリスクは有る訳です。何よりもそういうリスクを持って産まれてくる猫がかわいそうでなりません。何のためのリスクなのか、ただの一部の人間の利益のためではないのでしょうか。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

譲渡数調査のご協力のお願い

 

 

民間の保護団体による猫の譲渡数ってどのくらいなんでしょうか。

 

行政施設については、引取数や譲渡数、殺処分数などの統計資料がありますが、

個人団体や、保護猫カフェなどにおける譲渡数ってあまり見かけません。

各団体で独自に集計している資料などは時々見かけますが、団体を横断した集計ってなかなかないのですよね。

 

なので、ねこたろうの保護猫カフェリストを元にアンケートを取ってみました。

得られた回答はまだ7店舗と少ないですが。。。。。(泣)

 

譲渡数推移(関東の7団体,集計日2016-09-25)

譲渡数推移(関東の7団体,集計日2016-09-25)※データは随時集計中。数字は変化します。

 

アンケートはこちらから回答できます。

譲渡数調査のご協力のお願い

・ねこたろうが各店舗の回答を集計します。
・店舗毎の数値は公開しません。
・全店舗の合算値のみを年度別に集計して公開する予定です。
・同じ団体でも何度でも送り直していただいて構いません。修正、最新情報追加など、ねこたろうが目で見て重複のないように手集計します。

 

引き続き、譲渡数のアンケートをお願いしております。

保護猫カフェに限らず、個人で活動されている方もOKです。

データが集まれば、民間の活動が殺処分の削減に向けてどのくらい貢献しているのかを示す貴重な資料になると思います。

 

ご協力いただければありがたく思います。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

sippo特別写真展 みんなイヌ、みんなネコ。

 

 

先日、代官山のT-SITEで行われた「sippo特別写真展 みんなイヌ、みんなネコ。」

img_1568 img_1569

代官山というおしゃれな場所に似合う洗練された展示でした。

普段「保護猫」「保護犬」というキーワードにあまり縁のなさそうな(?) 層にもアピールできたかも知れません。

 

20160922-dsc00053

20160922-dsc00037

 

20160922-dsc00010  20160922-dsc00056

天井から吊り下げ、風邪に揺られてくるくると廻る写真を鑑賞するという斬新な展示。

おもしろいですね。参考になります。

20160922-dsc00026 20160922-dsc00021

知っている猫もいましたよ。

 

20160922-dsc00060

20160922-dsc00059

写真の裏のコメントが心に響きます。

一枚一枚に、その人の犬や猫に対する想いが溢れていて素敵な写真展でした。

今後も続けていただきたいです。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

クリアファイル作りました

 

クリアファイルがど〜んと2000枚届きました。A4サイズです。

IMG_1405

IMG_1406IMG_1412

 

裏面にはメッセージを記載しました。

IMG_1411

 

クリアファイルって、何かと使いますよね。

事務所とかいろいろなとこで。

 

IMG_1410

 

表には可愛らしい写真を配置しましたので何気な〜く使えると思います。

伝えたいメッセージは裏面に書きました。

 

ストア↓で販売します。1枚100円(税込み)です。

ねこたろうの猫写真

 

10枚(1000円)以上だと送料(メール便164円)が無料になります。

 

なにとぞよろしくお願いいたします。

 

 

カテゴリー: 雑談 | コメントする

アニマル・ウェルフェア〜日本はまだ欧州と比較すらできない〜

 

「アニマル・ウェルフェア」という言葉を日本語訳しようとすると、

「動物愛護」「動物福祉」などが適当なのかと思いましたが、微妙に違うようです。

アニマル・ウェルフェアは animal welfare でしかない。

その意味を表すキーワードとしては、「自然行動」「快適性」、動物の視線に立つという事が重要で、日本特有の「かわいそう」という意味が含まれがちな人間目線の「愛護」という感覚とはちょっと違うようです。

 

ANIMAL WELFARE SUMMIT 2016へ行ってきました。

 

 

参加したのは「アニマル・ウェルフェア講座」

IMG_1400

登壇者は、左から

滝川クリステルさん(フリーアナウンサー)

藤田りか子さん(スウェーデン在住の動物ライター)

アルシャー京子さん(ドイツ在住の獣医師)

 

講座はアニマル・ウェルフェアの基本である「5つの自由」から話が進められていきました。

1.飢えと渇きからの自由(解放)
2.肉体的苦痛と不快からの自由(解放)
3.外傷や疾病からの自由(解放)
4.恐怖や不安からの自由(解放)
5.正常な行動を表現する自由

これは犬や猫などのいわゆる愛玩動物だけではなく、食用として飼育される家畜なども含めすべての動物に適用されます。

欧州ではこれらの基本的な考えが根本にあり、一人一人の意識が総じて高いのですね。

ドイツにはティアハイムという保護施設があり、動物を飼いたい人はその施設に通い、じっくりと考える時間を持ちます。

スウェーデンのブリーダーは、厳しく管理されていて安易に繁殖させることはできず、また安易に飼うこともできません。

法律もきちんと整備されているのです。でもそれは法ありきではなく、国民の高い意識の結果が法に反映されているのだという事でした。

 

 

サミットの会場では、一般の方からこんな質問がありました。

地方で動物のボランティア活動をしている方が、行政の担当者から言われた事、

日本よりも欧州のほうが動物福祉の意識が進んでいるという事はない、欧州は殺処分がないと言っているが実は銃で殺す事もあり、また、狩猟で他の動物の狩りをしている。

という意見に対してどうなのか?という質問。

登壇者の回答の一部は、

生きている間は苦痛を与えない。そして、やむを得ず殺す必要があるときは出来る限り苦しめる事なく殺す。欧州においては「銃で殺す」というのが苦しみが少ない方法として認識されている。

日本人の感覚としてはちょっとショッキングなお話でした。

 

確かに二酸化炭素による数分間の窒息死に比べると、苦しみの度合いはかなり違うのでしょうけれども、そもそも人間の手によって殺すという事自体がタブー視されている日本とは「割り切り」の感覚もかなりかけ離れている様に感じました。

 

ただ、僕が思ったのは、

 

そういう、欧州と比較するような議論ができるレベルに日本はまだ到底追いついていない、と言うことです。

 

今現在も実際に悲惨な環境で繁殖させ続けている繁殖業者がいて、

それを流通させるためのオークションというシステムがあり、

あまり深く考えず、安易に購入してしまう消費者がいる。

 

アニマル・ウェルフェアの「5つの自由」を一つ残らず否定するような環境で一生を終える動物が今の日本にはどれだけいる事か。

 

何よりもまず、今の主流となっている生体販売システムをなくす事。

そして動物を「お店で買う」という事が不自然なのだという意識を一般の人が広く持つこと。

 

そうならなければ、とてもとても欧州と同じ土俵で比較、議論はできないでしょう。

 

カテゴリー: 雑談 | コメントする

2016年9月1日は8週齢規制へむけての小さな節目

 

 

動物の愛護及び管理に関する法律

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/1_law/revise_h24.html
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S48/S48HO105.html

 

一部を引用します。

平成24年9月5日に、議員立法による改正動物愛護管理法が公布され、平成25年9月1日より施行されました。

第二十二条の五 犬猫等販売業者(販売の用に供する犬又は猫の繁殖を行う者に限る。)は、その繁殖を行つた犬又は猫であつて出生後五十六日を経過しないものについて、販売のため又は販売の用に供するために引渡し又は展示をしてはならない。

 

附 則 (平成一一年一二月二二日法律第二二一号) 抄

第二条  政府は、この法律の施行後五年を目途として、国、地方公共団体等における動物の愛護及び管理に関する各種の取組の状況等を勘案して、改正後の動物の愛護及び管理に関する法律の施行の状況について検討を加え、動物の適正な飼養及び保管の観点から必要があると認めるときは、その結果に基づいて所要の措置を講ずるものとする。

附 則 (平成二四年九月五日法律第七九号) 抄

第七条  施行日から起算して三年を経過する日までの間は、新法第二十二条の五中「五十六日」とあるのは、「四十五日」と読み替えるものとする。
2  前項に規定する期間を経過する日の翌日から別に法律で定める日までの間は、新法第二十二条の五中「五十六日」とあるのは、「四十九日」と読み替えるものとする。

 

要約すると、こういうことでしょうかね。

 

犬や猫の繁殖業者は子犬や仔猫を、出生後56日(8週間)までは、
オークションに出したり、ショップに引き渡したりせずに親元に置いといてくださいね。

この法律は、
2012年9月5日に発表され、実際に効力を発するのは

2013年9月1日からですよ。

但し、急に言われても困るだろうから、
2016年8月31日までは、出生後45日まで親元に置いておけば、
その後はオークションに出したり、ショップに引き渡したりしてもいいですよ。

2016年9月1日からは、出生後49日まで親元に置いておけば、
その後はオークションに出したり、ショップに引き渡したりしてもいいですよ。

今後、本来の決まりである、出生後56日(8週間)の規制にするのはいつになるか今のところ分かりません。

この法律は5年おきに検討して見直すことにします。

なぜ、こんなよく分からない曖昧な条文になってしまっているのか、

この本に詳細に書かれています。

 

今度の9月1日は45日規制が49日規制に切り替わる小さな節目です。

おそらくどのメディアも取り上げることはほとんどないでしょうし、この+4日で実質的に何かが変わる事もないでしょう。

2012年公布と言う事は、次の改正は2017年、つまり来年です。

来年に向けて、この小さな節目を少しでも多くの人に関心を持っていただきたいと思うのです。

 

それにしても、この条文の書き方って、本質を表していないですよね。

出生後五十六日を経過しないものについて、販売のため又は販売の用に供するために引渡し又は展示をしてはならない。

ではなくて、

出生後五十六日を経過するまでは、子犬、仔猫を親元から引き離してはならない。
その社会的性格形成が健全に行われるように努めなければいけない。

とかにすれば意味もわかりやすいのにね。

カテゴリー: 雑談 | 3件のコメント

保護猫イベントカレンダー作りました

 

保護猫関連のイベントカレンダーを作成しました。

イベント開催の記事や情報を、あちらこちらで目にしますが、

 

あのイベントっていつだっけ?、今日だっけ、?今日何かあったっけ?ありゃ!もう終わってるよ。。

とかになりがちなので、まとめてみたという訳です。

google calendarで個人的に作成したのですが、せっかくなので共有させていただきます。

保護猫関連を中心に、目についたイベントがある度に追加していきたいと思います。

こんなイベントありますよ〜 という方は教えて下さいね。

 

 

※スマホではうまく表示されないかも知れません。

カテゴリー: 未分類 | コメントする

ゼロでなくてもいい〜限りなくゼロに近い事に意味がある〜

 

もちろん、殺処分ゼロを目指す事にはものすごく有意義な意味があります。

ゼロに近いということは、それだけ全体の意識が高いという事なので。

でもその結果の統計上の数字が1でも3でも10でも、実質的には変わらないと思うのです。

ゼロという数字に必要以上にこだわることによって、変にいざこざが起こったり、

煩わしさがあるのなら、別に0という表示になっていなくてもいいのになあと思います。

 

誤解の無いように補足しますが、一匹くらいは殺処分してもいいんじゃない?と言っているのでは決してありません。

現場ではおそらく様々なケースがあって、有識者のいろいろな見解や判断があり、その結果やむを得ない事もあるのではと想像します。

 

結果が「0」という表示になることが重要ではなくて、

限りなくゼロに近づくために全体の意識が高まることが重要なのだと思います。

 

更に言うと、殺処分ゼロは何も特別なことではなくて普通の事。

殺処分ゼロ=動物愛護 ではないでしょう。

年間で10万頭を超える処分数という異常な現状の日本において、動物愛護の意識を高めるための指針の一つに殺処分ゼロという分かりやすい目標があるだけの事であって、解決しなければいけない動物に関する問題はいろいろあります。

野良猫の問題、生体販売の問題、多頭崩壊の問題。。

あーでも、これらの問題がことごとく、殺処分へつながっているようにも思います。

 

結局のところ、

今の動物をとりまく問題を、みんなで知る、みんなで考える、みんなで何かをする。

意識が高まれば自然に、殺処分は限りなくゼロに近づいていく。

という事でしょうかね。

 

環境省統計資料

犬・猫の引取り及び負傷動物等の収容状況(全国統計)

 

 

※写真は本文とは無関係です

※写真は本文とは無関係です

 

 

 

カテゴリー: 雑談 | コメントする

「シュウさま」がやってきた

本日朝、本の見本が届きました。

IMG_1213

 

これはどういう本なのか一言で言うと。

「行政施設で殺処分寸前だった瀕死の猫が猫の保護活動を行う人々の手によって救われて今は幸せに暮らす猫の日常が家族にどういう影響を与えるのかを考察しつつ猫を飼うということの責任や意味を考えながら人間と猫の共存社会を実現するための熱いメッセージを裏に秘めたほのぼの写真エッセイ」

という内容です。表紙の写真をねこたろうが撮影させていただきました。

 

この本の出版にあたって、人のご縁と言いますか、つながりを感じずには居られません。

昨年2015年11月に、世田谷のGallery Pawpad において「保護ねこ写真展5」を開催させていただきました。

その写真展に、ふらっと立ち寄っていただいたのが「WAVE出版」編集者の佐藤さんでした。

猫関連の本を検討中だった佐藤さんに僕は「ねこかつ」をご紹介しました。

話が進む中で、シュウの譲渡先である「ちょと」さんのブログ「猫とお酒と日々のこと(仮)」が人気になっており、それを本にまとめようと言う事になっていったのです。

さらに人気のブログである「うちの猫がまた変なことしてる。」の卵山玉子さんのご協力もいただき、より分かりやすい内容になっていると思います。

 

それぞれの人がそれぞれの立場から、猫をとりまく問題をなんとかしたいという思いがあふれていて、ぜひともたくさんの方に読んでいただきたい一冊です。

発売日は 2016/8/18 (木) です。Amazon で予約もできます。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

カテゴリー: 雑談 | 2件のコメント

この夏はエアコン24時間つけっぱなし、その電気料金は

最近のエアコンはつけっぱなしの方が電気代が安い。

エアコンはスイッチを入れた直後、温度を下げるときに最も電力を消費する。

と言うことらしいので、試してみました。

6月中旬くらいから、エアコン24時間つけっぱなしなのです。ちなみに温度設定は 28〜29度。3年くらい前に買ったHITACHIの機種です。その結果は、

2015年 2016年
 7月 6,596円 7,877円
 8月 11,259円 8,876円

7月は、昨年より 1,281 円高い。
8月は、昨年より 2,383 円安い。

何だかよくわからない結果になりましたが。一言でいうと「あまり変わらない」という事でしょうか。
ならば、帰宅直後の部屋の温度が下がるまでの不快感がない分、つけっぱなしで快適に過ごせるメリットの方が大きいと考えます。

当分つけっぱなしになるでしょう。

カテゴリー: 雑談 | 2件のコメント